今年の高校入試は大荒れです。

さて、あの全国公立の最高峰、日比谷高校が二次募集を実施するというニュースが入ってきました。日比谷高校といえば、高校入試を経た東大合格者数トップ、東大合格ランキングベスト10に唯一、高校入試組だけでランクインしている学校です。

日比谷高校に入学する生徒は、男子なら開成や筑駒も合格して進学するのが、ここ数年の高校入試なら普通です。それくらい別格の学校。

今年も実質2倍の非常に厳しい戦いで、人気が集中していました。

その日比谷高校が、どうしてなのか・・・? 

「早慶附属の人気が高まったからでは?」と思う人もいるでしょう。

その勘、悪くはないんですけれども、違います。早慶附属は、繰り上げ合格も含めて、ほとんどを都立発表前に終わらせてしまいます。

実は、今年は日比谷高校が予想もしてなかった事態があったのです。それは、学芸大附属ショックでした。
gakugeihibiya



学芸大附属の大量合格騒ぎ→日比谷高校の二次募集

日比谷高校の二次募集の原因を説明するには、なんと3年前まで遡らなければなりません

時系列で、いったい何が起きたのかを説明します。


学芸大学附属高校で
イジメ問題が外部にバレて問題化(2016年11月)
  ↓
入試で辞退者が増え入学者の学力が大幅に低下。史上初の定員割れ (2017年2月入試)
  ↓
学芸大学附属高校が定員割れ対策のために「繰り上げ合格制度」を新設
  ↓
合格者の大部分が辞退し、繰り上げ合格を連発。実質倍率が1倍台に転落。入学者の学力も前年よりさらに低下。史上最悪の入試世代に(2018年2月入試)
  ↓
学芸大学附属:「2019年度はイジメ問題も風化したし、ウチの学校の人気も元に戻るだろう」 受験生:「学芸大附属は第二志望、受かっても第一志望に合格したら辞退します
  ↓
学芸大学附属高校。何を勘違いしたのか、前年の合格総数344人から160人に一気に合格者を絞りまくる。学校側は合格者はみんな入学してくれると期待するも、実際には大部分が日比谷や横浜翠嵐、湘南などを志望。
  ↓
神奈川県と東京都で公立合格発表。日比谷や横浜翠嵐、湘南の第一志望組が、学芸大学附属高校を一気に辞退。学校が想定するよりも遥かに日比谷や横浜翠嵐、湘南の第一志望者が多かったために、学芸大学附属高校が慌てて繰り上げ合格を連発、連発、連発、連発、連発。その数、少なくとも100人を軽く超える模様。しかも、都立合格発表の日にそれを行い、わざと混乱させたのかという事態に。
  ↓
学芸大学附属高校、狂ったように追加合格を出しまくったが、公立・都立の合格者に対しても確認せずに繰り上げ合格を100人規模で出しまくったため、各校の数人が、日比谷や横浜翠嵐の合格後、学芸大学附属高校へ入学手続き。日比谷高校でも、女子で4人程度が流れた模様。
  ↓
学芸大学附属高校が、日比谷高校や横浜翠嵐高校といった公立・都立高校に迷惑をかけまくる結果に。何も知らされていない日比谷高校は数人の二次募集をせざるを得ない状況に発展


学芸大学附属高校の混迷がここまで大きな事態に発展

ご存知の通り、今やすっかり、学芸大学附属高校は都立や公立の併願校扱いになってしまいました。イジメの対応問題があまりにも致命的だったからです。

それにもかかわらず、学芸大学附属高校が、今年は人気が回復すると見込んだのか、合格者数を絞ってしまったことが、全ての混迷の始まりです。

でも、学校の見立ては甘すぎました。実際には、学芸大学附属高校の受験者のほとんどは、今年も併願校として受けていました。日比谷や神奈川公立の合格発表の後、待ち受けていたのは、辞退の嵐です。学校側は青ざめたのではないでしょうか。学力トップ層のほとんどは、今年も日比谷などを選びました。もうこの流れは止まりません。

勘違いしないでくださいね。学芸大学附属高校が第一志望の生徒も少数民族になってきたとはいえ、ちゃんといるのです!でも、学芸大学附属高校があまりにも極端に合格を絞ったせいで、合格できなかった人も多かったんです。

学芸大附属が第一志望で、日比谷を第二志望として受けた人が、推定で5人程度いたようです。この後、学芸大附属が100人規模の前代未聞の大量繰り上げ合格を出しました。一部掲示版では「学芸大附属繰り上げ祭り」と称されていました。

この時、日比谷高校の合格を受け取っていた、学芸大附属の第一志望者は、迷ったに違いありません。本来、都立・公立は合格したら入学することがルールです。しかし、それを破って、数人が学芸大学附属高校に進学しました。

その結果、日比谷高校が数人、欠員となってしまい、二次募集を行うことになりました。

日比谷などの都立・公立は、基本的に辞退はほぼ出ないことを前提に制度ができています。今回のような事態が起これば、入試制度の根幹を揺るがすことになります。税金で運営している学校である以上、1人でも充足の欠員が出れば、そのために、税金を使ってもう一度入試をしなければならないですから。

今回の学芸大附属ショックは、みんなを不幸にするものでした。

誰が、何が悪いのでしょうか?

どのような入試であるべきなのでしょうか?

皆さんで知恵を絞って考えましょう。コメント、待っております。(この記事はコメント可とします。建設性のないコメントはおやめください)